イベント報告

RUN伴(ランとも)2019 応援ありがとうございました!

9月27日(金)28日(土)29日(日)RUN伴かながわ2019が開催されました。
県内多くのルートからスタートしたタスキがゴールの小菅ヶ谷北公園に無事ゴールしました!
9月27日(金)山北町を出発し、開成町福祉会館から南足柄へ社協職員3名で走りました。
沿道には活動を知り応援に来てくださった方も!県内各地の福祉事業所や一般企業、飲食店などが参加したこのイベント。開成町・足柄上郡でもさらに活動をひろげ「認知症になっても住みやすいまち」をめざし多くの方が関わり、理解することを大切にしながら進んでいきたいと思います。

RUN伴とは・・・

今まで認知症の人と接点がなかった地域住民と、認知症の人や家族、医療・福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベントです。
認知症の人との出会うきっかけがなかったがために、認知症の人へのマイナスイメージを持ってしまいがちな地域の人々も、喜びや達成感を共有することを通じて、認知症の人も地域で伴に暮らす大切な隣人であることを実感できます。
RUM伴(ランとも)は、そんなあらゆる人々の出会いの場をデザインし、顔の見えるつながりを各地で生んでいます。

<開成町福祉会館での様子>

 

 

 

 

<タスキをつないだ様子>

 

 

 

 

RUN伴は毎年開催されます。
来年はぜひランナーとして参加したい!という方は下記までお問い合わせください。
みなさまのご参加お待ちしています!!

<問い合わせ>

開成町地域包括支援センター(社協内)
0465-83-7688(松井)